リスニングの勉強法 - 英会話上達法



リスニングの勉強法

英会話上達の鍵ともいえるリスニングの勉強の仕方を紹介します。聞いて理解できるということが、英会話の基本です。話す方は、自分のペースで行えますが、聞く方は相手のペースに合わさないといけませんので、ある意味、スピーキングよりリスニングの方が難しいといえます。

まず初級レベルの方は、英語全般の力をつけなければいけません。初級レベルの方の場合、英語が聴きとれないのは、リスニングが弱いわけではありません。語彙力が充分でないことや、文法の知識も少ないことなどが原因となっている場合がほとんどです。聞いたこともない単語を聴き取ることはできませんし、文章を読んでわからなければ、聴いて理解できるわけがありません。ですから、全体的な英語力を伸ばすことが必要なのです。

初級レベルの勉強法としては、まず発音の仕組みを理論的に学習することが大切です。ちゃんとした発音ができるようになれば、リスニングの能力も向上します。また、効果的な方法として、リピーティングシャドーウイングというものがあります。これは、耳に聞こえてくる英文を、できるだけ正しく真似をするのです。聞き取るときには、言っていること全てを理解しようとしなくても構いません。何が言いたいのかをおおよそ理解できればいいのです。

中級レベルでは、話している内容をもっと細かく、確実に聴き取れるようにしましょう。その勉強法は、リーディングと合わせて勉強することです。例えば、英字新聞を読んでから、英語ニュースを聴くのです。はじめに、ニュースの内容を把握しておけば、すんなりと聴き取ることができます。また、逆に、耳で聴いてから読むようにすると、読む速さが速くなります。そして、中級レベルの方は、生の英語と触れ合うのが大切です。理解しやすいテレビドラマやニュース、映画などを毎日決まった時間、聴き続けるのがポイントです。

上級レベルの方は、ひたすら生きた英語に接することが大切で、ネイティブともコミュニケーションをとるようにすることが効果的な方法です。このレベルでは、少し英語から離れてしまうと、能力が後退してしまいます。必ず、毎日英語と接するように心がけましょう。また、より実践的に聴くために、難しい環境で聴くようにしましょう。たとえば、雑音の中で、英語のニュースを聴いたり、電話でネイティブと話をしたりすることです。より実際の生活に近い環境で、練習すると、より実践的な英語が身に付きます。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ニュートン.jp TOEIC 750点保証 | Newton TLTソフト TOEIC通信教育【ニュートン.jp Newton TLTソフト | Newton e-Learning】ニュートン.jp TOEIC 750点保...
62,000円
Newton TLTソフト TOEIC 750点保証 CD-ROM版

Ads by 電脳卸


Copyright © 英会話上達法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。